スポンサーリンク

電力 電磁波 音 微粒子の計測

未分類

以前、3Dプリンタで微粒子について触れたため、実際に微粒子はどのくらい出ているのかを調べてみたいと思います。

とは言っても、ただ計測するだけではがありませんので、スペードキングでは計測器を駆使して、下記についても計測します。

・電力
微量な待機電力を除く、使用している時の電力を測定

・電磁波
電界、磁界

・騒音
dBを計測

・空気
PM2.5(微粒子)、PM10(花粉のサイズ)

さて、今回使用する計測器達を紹介したいと思います。

左から、

・騒音計
(という名のスマホSHARP AQUOS Phoneの騒音計アプリ)

・ポケットPM2.5センサー
(ヤグチ電子工業株式会社 200081)

・電力計
(ELPA eco KEEPER EC-05EB)

・電磁波測定器
(ET-GM3120)

・ガイガーカウンター
(DP-802i、今回は使いません。。)

です。

測定する予定の電化製品は以下になります。(他に希望があれば、ご連絡ください)

[1回目]

電気ケトル、プリンター、ノンフライヤー、冷蔵庫

[2回目]

食洗機、ドライヤー、扇風機、3Dプリンター

[3回目]

洗濯機、ホットサンド、掃除機、レンジ

[4回目]

空気清浄機、テレビ、携帯電話、ポップコーンメーカー

早速、計測開始!先ずは電気ケトル(Tiger PCH-G080-KP)です。電気ケトルはもう生活必需品の部類に入りましたね。鍋のお湯も電気ケトルで先に沸かしています。

電力は使用している時の電力です。測定距離は10cm。バックグランドノイズは増幅されるわけではないので無視します。

【電気ケトル(Tiger PCH-G080-KP)】

電力:1.2 kW

(1kwを1時間使用すると約22円)

電磁波:9.92 μT

(近いと体に何かしら影響があるかもしれません)

騒音:27 dB

(20dBが寝息、木々の触れ合う音程度。60dBが普通の会話)

空気:[PM2.5] 17.8ug/㎥、[PM10] 20.2 ug/㎥

(35ug/㎥くらいまで普通、70ug/㎥までやや多い、それ以上はかなり多い)

左から、電力は高め。電磁波は計測器では「harmful」と表示されているため、お湯を沸かすときは少し離れて使用しましょう。騒音も離れれば無いに等しいですね。空気の排出は水蒸気だけのため変わりません

続いて、ノンフライヤー(フィリップス HD9220)。これは素晴らしい。クッキーの温め、調理ではローストビーフ、焼き鳥、ステーキなどに使っています。他の調理中を同時にできる点なども利点です。2段の網を利用すると調理効率アップです。

電磁波を測定すると。。「ピピピピピピー(測定不能)」、警告音が鳴りました。。異常に高い値です。内部で熱線を使っているからなのか!?とりあえず、結果不明ではデータにならないため、10cm→30cmに離して測定しておきます。

【ノンフライヤー(フィリップス HD9220)】

電力:1.3 kW

(1kwを1時間使用すると約22円)

電磁波:10.37 μT [10cm測定不能→30cm離して測定した結果]

(体に何かしら影響があるかもしれません)

騒音:45 dB

(20dBが寝息、木々の触れ合う音程度。60dBが普通の会話)

空気:[PM2.5] 16.3ug/㎥、[PM10] 17.2 ug/㎥

(35ug/㎥くらいまで普通、70ug/㎥までやや多い、それ以上はかなり多い)

電力は電気ケトルと変わらずですね。音はまぁ換気扇の強くらいうるさいですね。空気の方の値が想定外なのですが、トレーに水を入れているせいか、蒸してる状態のためPMは発生しませんでした。コゲたら発生しそうです。

続いて、冷蔵庫!(日立ノンフロン冷蔵庫 R-F440D)441L収容できます。冷蔵庫は大容量、製氷機付きに限ります。チルドとかはあまり使わないかな。

ほぼ無音で空気を排出していないため、電力と電磁波のみになります。。

【冷蔵庫(日立ノンフロン冷蔵庫 R-F440D)】

電力:13 W

(1kwを1時間使用すると約22円)

電磁波:0.32 μT

(特に害は無さそうです)

騒音:未測定

空気:
電気は待機電力になってますが、大型冷蔵庫は年間7,000円くらいの電気代のため、13Wだと1ヶ月250円、稼働時含めるとプラス250円になり、ほぼ想定の数値です。電磁波も本体前面から10cmですと、ほとんど検知できませんね。

さて、今回の最後はプリンター(brother DCP-J715N)になります。あまりプリンターを使わない方こそ、インクの入れ替えせずに、ちゃんとカートリッジを買いましょう。インクを自分で入れ替えると、カートリッジ劣化や体と洗面所が汚れる上に発色が悪くなる可能性があり、そっちの損失の方が大きいです。。

【プリンター(brother DCP-J715N)】

電力:14 W

(1kwを1時間使用すると約22円)

電磁波:1.12 μT

(近いと体に少し影響があるかもしれません)

騒音:30 dB

(20dBが寝息、木々の触れ合う音程度。60dBが普通の会話)

空気:[PM2.5] 23.9ug/㎥、[PM10] 25.1 ug/㎥

(35ug/㎥くらいまで普通、70ug/㎥までやや多い、それ以上はかなり多い)

全体的に低い感じですね。PMの濃度ですが、実はプリンターの部屋に空気清浄機が無いため、元々PMが22~24ug/㎥あり、2~3枚プリントしたくらいでは、ほとんど検出されず、インクジェットのプリンターからは、ほとんどPMが排出されていないと考えて大丈夫だと思います。

以上で電力、電磁波、騒音、空気中の微粒子測定の第1回目(全4回)は終了です。電磁波の測定器の上段は電界、下段は磁界なのですが、電界は今の所、測定できるほど発生していません。今後の結果に注目ですね。

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
生活環境改善本部 あろまろま

コメント