スポンサーリンク

3Dプリンタの使用方法(1)

未分類

みなさん、こんにちは!今回は3Dプリンタの使用方法について書いていきたいと思います。結構内容が濃いので2回に分けて書きたいと思います。

3Dプリンタはモノによっては開封後に自分で組み立てる必要があります。今回、私は「FLASH FORGE社のFinder」を購入したので、組み立て不要です。そのため、次の点にだけご注意ください。開封後にインシュロック(結束バンド)をはずしてください。私、説明書を読まない性格なので、これ付けたまま1回プリントしてしまいました。幸い壊れなかったのですが、嫌な汗が出ました。

はい、皆さんは説明書をしっかり読んだと思われますので、使用方法についてご説明します。

ソフトウェア

3Dプリンタには印刷するソフトウェアが付いています。その中にサンプルデータがあると思いますので、そのデータをソフトで読み込んでみましょう。

読み込んだデータは、まず真ん中に配置することと、地面に接地している必要があります。基本的に、床に接地してない部分でせり出している部分(空中に浮いた箇所)は、サポート材等を追加する必要があります。地面に接地していないと、空中にプリントすることになり、フィラメントが固まらず、ラーメンのようにドルドルに出てくることになるため、プリント後にワクワクして見に行くと地獄絵図です。

ただ、丸みを帯びて徐々にせり出すような形はサポート材無しでもプリントできる場合がありますので、後程テクニックとして紹介します。上の写真のオカリナは地面から浮いている面がありますが、崩れずにプリントできていますね。

では、浮いた部分についてはどうするかと言えば、「サポート材」というものを付けます。これ、安心してください。オートでソフトウェアが作成してくれます。サポート材の種類は何もこだわりがなければ「枝状」を選択してください。フィラメントが節約できて、接地面も少なくて済みます。結構丈夫なので、枝の太さも細目に設定しておきましょう。

はい、ここで一つ目のポイントですよ。枝のサポート材ですが、接地面が少ないため、やり方によってはプリント中にサポート材が地面から剥がれて、地獄絵図が展開されます。これを防ぐためには、1番は地面のプレートを本体の設定で水平にする調整することなのですが、「ラフト」という余分な大きな接地枠を追加することより、剥がれを防ぐことができます。通常この方法を使うと思うのですが、私はラフトを一切使いません。

何故なら、ラフトを使用すると「フィラメントを余計に消費する」、「ラフトは薄いため、反りが発生→反り防止のため地面に糊を塗る」、「ラフトと造形物はプリント完了後に切り離す必要がある」というデメリットがあるためです。これを読んだ皆さんは、枝状サポートの太さと、地面のプレートを調整することにより効率よくプリントアウトしていきましょう!

ソフトウェアには他に次のような機能がありますので、必要に応じて使ってください。

・回転、コピー、拡大縮小、スライス

「スライス」は3Dプリンタの枠からはみ出す造形物を小分けにして印刷することにより、より大きな造形物を作成できるようになりますので、大き過ぎてプリントを諦めたような造形物はスライスしてプリントしてみましょう!

ソフトウェアについてだけでも長くなってしまいましたので、続きは次回にしたいと思います。

締めとしてちょっとだけ、このサイトで販売している私が作った製品についてご紹介させてください。結構売れている製品は下記の順になります。

ジョイプラ、マイクロケース、スタンドアップ

この結果は想定どおりでした。ところが、最近はフックルに大量注文があり、一気にフックルが首位になってしまい、嬉しい想定外になっています。

参考にしていただければと思います!また次回投稿をご期待ください!

【1年間メーカー保証】FLASHFORGE 3Dプリンター Finder(ファインダー)日本語説&日本語ソフト★日本正規代理店★フィラメント1リール付属

価格:79,000円
(2017/6/7 00:04時点)
感想(0件)

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
生活環境改善本部 あろまろま

コメント